顔ニキビと背中ニキビの違い

顔にできるニキビと背中ニキビの違いとはなんなのでしょうか。
顔にはよくできるけど背中ニキビはあまりできない、逆に背中にはよくできるけど、顔にはあまりできないどちらにもよくできる、色んなパターンがあると思いますが、実際、顔ニキビと背中ニキビの違いはあるのでしょうか。
顔ニキビ 背中ニキビ 違い

肌の質感

顔と背中の違いとは何があるでしょうか。
手で触ってみると…「皮膚の質感」が違いますね!
顔の皮膚は、かなりデリケートにできていて薄いし傷つきやすいです。
それに対して背中は、けっこう厚めで一見丈夫そうです。

覆わている環境

顔と背中の一日について考えてみましょう。
顔は日中、なにか布に密着して覆われてはいませんね。
それに対して背中は、お風呂やシャワー以外ではほとんどと言っていいほど衣服に覆われています。
ニキビができたときは、顔の場合は、比較的刺激がなく処置できますが、背中の場合ずっと衣類に付着してしまっているため、刺激を与えてしまい自然治癒が難しいものでもあります。

ニキビができる原因

ニキビができる仕組みに関しては、皮脂と角質がまざりあって炎症を起こしてしまうということでおなじなのですが、その原因については少々違ってきます。
ストレスはもちろんですが、物理的要因として考えられるのが「シャンプー・トリートメント・ボディソープ」などのシャワー時の残りなどです。
また、顔は皮脂の分泌量の増加などが原因となりますが、背中では肌の乾燥もニキビの要因となりえます。
ですので、硬いナイロン製のタオルでゴシゴシ洗いすぎても乾燥につながりニキビができてしまう要因となります。

このように考えてみますと、顔ニキビと背中ニキビは同じ「ニキビ」でもかなり周囲の環境や、できる原因が違っていたりします。
それぞれの対処の仕方も違ってきますので、それぞれの正しい処置方法を学びましょう。
カロリミット

あわせて読みたい