出会い系で浮気って可能なのか?

不倫問題を相談したいと思うなら弁護士に相談しましょう。離婚したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかをよく考えてから相談するといいでしょう。また、不倫の証拠を掴みたいときには、探偵や興信所に相談するべきです。相談者が女性の場合、近所の奥さんや知人などに相談してしまう方もいますが、噂のタネになりたくないなら、絶対にやってはいけません。昔はどうあれ、現在は探偵と興信所の違いは単なる社名の違いと思って頂いて構わないでしょう。

双方とも探偵の業務を行うという点では共通しており、開業には共に公安委員会の認可が必要です。
ですから、不倫の調査をしてもらう分には、どちらに頼んでも問題はありません。
ただ、ある程度、得意不得意なども会社によってそれぞれ微妙に異なるため、事前に調べたり質問しておくことが大切です。

不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度のケースもありますし、400万円くらいになる場合もあります。

実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、額は低くなるのです。さらに、不倫相手の方が浮気を否定するケースでは証拠が必要になります。

無関係な人からみても明らかな不倫の証拠を用意しなくてはいけません。どこからどこまでが浮気扱いになるのかというと、その人の倫理観によっても違うでしょう。

「私より他の女性を優先した」とか二人だけで出かけたら浮気と言う人も、いないわけではないです。

実際、浮気については現代の法律でも定義があって、性的行為があれば不貞ということになります。しかし、穏やかな生活を送ろうと思ったら、不倫しているのではと勘ぐられても仕方ない行動は控えるべきでしょう。よくあるサービス業の対価に比べると、浮気調査に探偵を雇うときの費用というものは、高いように思う人が多いようです。割安だからと安易に業者を頼んだものの、裏付けがとれなかったり、相手に調査がバレてしまったりしたら、損失は金銭的なものに留まらないですよね。大事なのは調査の能力の高さですが、高値設定のところほど、相応の調査能力があるかというと、難しいところです。日常生活の中で、相手の行動を目を配っておくのはだれにも頼まずにできることですが、浮気の事実を決定づける証拠を押さえるためには、経験豊富なプロである探偵にお願いした方が安全、安心です。そして、探偵に頼む場合、単に、浮気の証拠を入手するだけではなく、いろいろ貴重な助言をもらえるというのも見逃せないメリットです。
面倒くさがりの夫があんなに嫌っていたSNSに最近やたらとハマっています。

携帯も隠すし、これは浮気しているなと思いました。もしかして元カノかと、ケータイチェックを試みたものの、こともあろうにしっかりロックされていて、見れなかったんです。こうまでしてあるからには、もう、探偵業者に調査してもらうべきかと思いましたが、主婦のへそくりもないので、思案中です。探偵を頼む上で大事な調査手腕や技術力は、企業としての規模によるところも大きいでしょう。

全国に協業体制を持つ探偵社の場合、機材や調査手法の刷新に余念がなく、その時々のニーズに合わせた調査方法を持っています。一般的に大手の会社というのは、相談員や調査員の指導育成が徹底しており、それは仕事の成果に反映されてきます。
婚姻中に不貞行為があったために家族会議でも離婚話が進展せず、とうとう家裁での離婚調停となることもしばしばあります。
家庭問題に慣れた複数の調停委員が同席して公正な立場で解決へ向けて話し合うわけですから、当人同士や親戚内で話し合うよりも比較的円満に話し合いが進められるという良さがあります。
あまり怖がる必要はないでしょう。

着ている服を見て浮気の裏付けをすることもできます。

浮気をすると、著しいのは今までとは変わった服装です。おしゃれにはこれまで疎かったのに、いきなり服装に関心を持ったのであれば慎重に見ておく必要があるでしょう。浮気へと進展しそうな人がいたり、浮気している人がいるかもしれません。
浮気専用出会い系おすすめランキング

あわせて読みたい